やると祭

イベント概要やると祭の情報を随時更新しています。

由来

東海豪雨をきっかけに、新たに誕生した「やると祭」

新川やると祭の前身はまだ清須市が合併する前の西春日井郡新川町時代の「新川祭り」。
2000年9月、岐阜・愛知・三重などに大きな被害をもたらした東海豪雨ではここ新川町も被害を受けた。
全国からの温かい支援と地元住民の努力で復興を果たす中、住んでいる方の気持ちを更に元気にするべく、
翌年2001年、これまでの新川祭りに変る新たな祭りを開催する動きとなる。
こうして2002年(平成14年度)に第1回新川やると祭が行われた。
以降毎年体育の日の一週前の土曜日に 開催されている。

やると祭テーマソング

何かをやるとサイ、何かが生まれる事をイメージした 元気が出る曲です!みんなで楽しく踊って下さい♪

新川やると祭/1500人の参加者が熱く踊る秋

昼の部はパレードや市民芸能発表ステージ、模擬店などが行われる。
夜の部は、字(町内)ごとに参加チームをつくり、衣装や踊りを競う「やると祭総おどり」が行われる。
地域在住ではない一般の方も参加可能で、仮装大賞、パフォーマンス賞など各種賞も予定されている。

名称:第18回新川やると祭
テーマ:世界に発信!!踊ろう!分かち合おう!新川魂

 

開催日:2019年10月5日(土)/荒天 翌日10月6日(日)に順延
開催時間:12:00~20:30 
会場:県道助七田中線一帯 ※交通規制 11:30~21:30